にやりほっと活動

にやりほっと掲示板の活動を始めて、まもなく1年となります。ご利用者の『にやり』としてしまったエピソードや、職員間での『ホット』させられる出来事が報告されています。

虐待防止委員会ではこの活動で、ご利用者の見えなかった部分や他職員の良いところを、職員間で共有し共感し合える事を一つの目標にしています。また、掲示することで保護者様や外部の方にも共感して頂ければ幸いと考えています。あいにくコロナの影響でご来荘出来ない状態が続いていますが、コロナが収束した際にはご覧い頂ければと思います。

掲示した報告書には共感したものや『いいな』と思った物にシールを貼って頂いています。今回は7月に掲示した中でシールが多かった職員(S支援員)に関する報告とご利用者(A様・O様に関する報告を紹介いたします。

夏!本番!

やっと梅雨明けして夏本番ですね。かりんでは宍原荘で栽培した『とうもろこし』をご利用者におやつとして召し上がって頂きました。小振りではありますが、とても甘いとうもろこしに皆さん喜ばれていました。また、農耕作業を行っているご利用者にとっても、皆さんの『美味しい!』の言葉が励みになった様子です。
次回はスイカですね!

1F5S活動

たんぽぽ倉庫の清掃整理を行っております。使用頻度の高いものを手前に置き、各物品の配置場所にテプラで明記するなど、使用しやすいようにしております。ご利用者様の衣類等もあり、日頃から出入りの多い場所でもある為、今後も定期的に清掃整理に配慮していきたいと思います。

1Fユニット5S活動

梅雨も明け、暑い季節を迎えました。日頃からご利用者様の居室内清掃は行っておりますが、今回はベット下の清掃を行っております。カビ・ホコリ・ゴミ等が溜まっており、全て除去すると共に消毒も行っております。今後も衛生面に配慮していきたいと思います。*写真は省かせて頂きます。ご了承下さい。

緊急地震速報誤報

 7月30日緊急地震速報の誤報がありました。

フロアには緊張感が走りました。廊下歩行中のご利用者は転倒する可能性がある為すぐに中断し、食堂へ。御利用者にはデルキャップと言う簡易のヘルメットをかぶって頂きました。その後職員もヘルメットをかぶりましょうと言いかぶり終わった頃、I支援員が、「洗濯場は大丈夫ですか?」A支援員が「○○さんは××、△△さんは□です」と即答してくれました。心強いなと感じました。この反省は今後に必ず活かそうと思います。

 その後ご利用者のヘルメットを片付けながら、これをいい機会にと思い、職員用のヘルメットも全て点検しました。

かしわ寮 5s

第2かしわ寮の側溝掃除を急遽行う事にしました。
月に1度のペースで世話人さんに掃除して頂いてますが、長く続く雨のおかげで土砂が掃除以上のペースで堆積してしまい、更に堆積すると水の使用に影響が出そうな状態でしたので、今回はかしわ寮メンバー以外のご利用者の力も借りて行ってます。
ありがとうございました。

かしわ寮 5s

第1かしわ寮の建物回りを草刈りし、ご利用者が歩きやすいように作業を行いました。
エアコン回りの除草はエアコンの節電にもなるようですので、コスト削減にも貢献できると良いな思います。

就労メンバー おやつ

農耕のメンバーが一生懸命育てた枝豆を塩茹でしまして全員で食べました。例年納涼大会で販売をするのですが、今年は中止の為おやつとして提供しています。
『おいしい。』『ありがとうね。』『また作ってね。』
ポジティブな言葉が皆さんから溢れてきます。
正直、長雨の影響で出来は良くなかったですが、喜んで下さって職員もほっとしました。
今度はトウモロコシとスイカなどを予定しています。

男性B・Cグループ交流会

今回はご利用者様どうしが、普段から関わりが少ない事を考慮し、施設内にて交流会を行っております。午前はミニ縁日としてヨーヨー釣りや射的ゲームにて楽しんで頂き、その後大型バス・ハイエースにて市内をドライブしております。

あまり天候の良くない中でのドライブでしたが、Cグループのご利用者様は久しぶりに大型バスに乗られるという事で、中には興奮されたり、笑い声が聞かれるなど楽しんで頂けたようでした。

帰荘後は、事前に希望を取って購入したお弁当を皆さんで一緒に食べていだだき交流を深めて頂いております。

午後は、両グループの支援員が協力して(パフェ)を作り、入浴後に食べて頂いております。

活動中は、ご利用者様同士で声を掛け合ったり、一緒に縁日を楽しむなど、良い時間を過ごして頂けたものと思われます。

かりん名物 今川焼きを試食!

かりんでは毎年、地域でのイベントへ参加して今川焼きを販売してきました。

しかし今年はコロナの影響で、イベントが全くない状態です。

そのため今年度から担当になった高橋郁巳支援員の出番が…本人の強い希望と、担当としての責任感から、試作品を焼くことになりました。初めは上手く焼くことができませんでしたが、最後には商品レベルの出来になりました。

ご利用者もおやつに楽しく召し上がり、一石二鳥の今川焼きとなりました。今後のイベント開催を願い、工賃向上や地域貢献が出来ればと考えております。