第二かしわ寮側溝掃除

本日、裏山付近の側溝掃除をご利用者と共に取り行いました。
台風接近を控え、その前にと思い行いましたが思いのほか汚泥の量が多く、はかどらず約1時間程の作業になりました。日頃の感謝の声をK様、F様、I様にお送りました。

この後の雨量の状態においてはまた近々行う予定です。

男性Cグループの口腔ケアの実践報告について

 男性Cグループでは、毎日9時30分から生活の時間として、髭剃り、歯磨き、顔洗いの時間を設定しています。その中で口腔ケアの方法を6月より一新して現在取り組んでいます。
 変更した目的として、?口腔内の衛生を保つこと。?歯科通院時の練習とする為です。Cグループご利用者の中には、歯科通院へ行った際に、横になることが出来ないというご利用者がいた事も有り、横になる練習も兼ねて行い、通院の時に横になって処置する事ができる様になると良いなという支援員の思いもあり、変更しています。
 変更以前はご利用者に、椅子に座って頂いた状態で、支援員がブラッシングを行っていました。しかし、口腔内が見えずらい事も有り、支援員も上手く磨くこと(ブラッシング)が出来ませんでした。ご利用者も嫌がってしまう方、すぐに終わらせようとする方等が見られていました。
6月以降、少しずつ口腔ケアの方法、備品を変更しています。
6月? 寝かせ磨きでの歯磨き(ブラッシング)に変更して実施しています。
7月? 寝かせ磨きを継続し、歯磨き粉を液体歯磨き粉(リステリン)へ変更しています。
9月? 寝かせ磨きでのブラッシングに加え、月1回ですが、歯間ブラシ、Y字フロスを使用し、歯間の汚れの除去を行っています。

 口腔ケアの方法を寝かせ磨きに変更したことで、ブラッシングを行う支援員も口腔内が見やすくなり、汚れている個所がはっきり分かるようになりました。口腔ケアは毎日行っているため、支援員のブラッシングの技術も向上してきています。
 ご利用者の様子は、以前の椅子に座った状態での歯磨きの時に比べ、現在はご利用者の方から進んで、「歯磨きやる」と横になる姿が多く見られる様になりました。歯科通院の際も、毎日横になって歯磨きを行っているため、変更後の歯科通院時には、練習の成果もあり、処置台に横になって処置することが出来るようになりました。
今後も継続して、口腔ケアに取り組んでいきたいと思います。

わかふじ大会 FD競技

全国障害者スポーツ大会の予選を兼ね、わかふじ県大会が行われました。今年はコロナ禍で全国的にも県大会が行われない様ですが、静岡県はフライングディスク競技等の個人競技のみが開催されました。

FD競技は例年ですと700名程が1日で競技しますが、今年は250名を19・20日の2日間に分け行われ、無観客・主審等はマスクにフェイスシールドを着用するコロナ対策の徹底ぶりでした…

宍原荘からはコロナへのリスク回避を考え、K様1名のみの参加を致しました。天候が悪い中、記録はアキュラシー8投(10投中)・
ディスタンス26.14mでした。ご本人は納得いく結果ではなかったようですが、楽しむ事が出来た様子です。

早く通常の日々、通常の大会が行われ、多くのご利用者が参加できればと改めて感じました。

虐待防止委員会

今月のにやりほっと記事紹介です。

6月12日、支援員のМさんはご利用者I様の歯科受診の付き添いを行いました。途中動きが止まり時間がかかってしまう場面もありましたが、無事診察を行う事が出来、今まで行えなかった器具を使ってのクリーニングも行う事ができました。

翌日の13日М支援員が夜勤時にI様の着替えを行っていた際、自身の歯を指さして「歯、行ってきた」「〇〇頑張っちゃった」と自慢げに笑顔でおっしゃることがありました。

I様にとって医者に行くことが嫌な事、慣れないことでなくなっているような気がしてうれしくなりました。

I様の様子を見て喜ぶМさん。読んだとき気持ちがほっこりしました。

今でこそ宍原荘でも自閉症支援が当たり前になりつつあります。

これは宍原荘に定期でコンサルテーションに訪れて下さっている水野敦之先生の指導と、それを受けたメンバーたちが少しずつ支援を考え組み立て、周りの支援員たちが日々協力を惜しまず、支援を積み重ねてくれてきた成果の賜物と考えます。

そんな水野先生の座右の銘が「如己愛人」(にょこあいじん)とのこと。己のように人を愛するとう意味で「この子を残して」で有名な永井博士の言葉との事。これを知った時に、水野先生の情熱の源が少しわかったように思いました。私たちの支援の成果でご利用者の姿が良い方に向かって行くとご自分のことのように喜んで下さる水野先生の人柄そのものだと。

実習生や新人さんが来た時、「自分がやられて嫌な事はしないように」また、「ご自分のご両親が年老いてどこか施設に入所したとしてイメージしてください。自分のご家族が受けたら嫌な支援、言葉がけはしないでください。」「ここはご利用者にとっての生活の場、家です」などなどと説明しています。本当に基本のきですが、これを忘れ、謙虚さを失ってしまえば虐待のリスクは高まります。

現在宍原荘には新しい職員が増えて来つつあります。

その新しい職員の皆さんに伝えながら自分も襟を正そうと思う今日この頃です。同じように思ってくれている職員も多く「新しい人が増えた今がステップアップのチャンスだね」と言ってくれます。新人のみなさん、どうぞ、新しい風を大いに吹き込んでくださいね。ここにはМさんのようにご利用者の喜ぶ姿をみて喜びを感じてくれる支援員がたくさんいますよ。

K様個別余暇

最近コロナウイルスの影響で外出の制限やご家族と会えることも減ってしまい、なんとなく元気がないK様・・・。

少しでも笑顔になって頂きたく、本日は個別余暇を企画しました!
余暇活動の内容は以前K様がとても楽しそうに取り組まれていた調理実習。カップケーキを作って頂くことにしました!

作る前に

職員「ケーキはいくつ作りますか?」
K様「2個」
職員「いいですね。でもそれだと生地が余ってしまいますよ」
K様「みんなにも作ってあげるの。職員にもあげるね」

なんと!!!!!
K様のやさしさに思わず職員は涙が出そうになりました(´;ω;`)

というわけでK様用に大きいカップケーキを2つ、小さなカップケーキをたくさん作ることにしました。焼きあがった小さなカップケーキはラッピングをし、K様から渡したい方へプレゼントをすることに。

K様から「食べてね」と言われプレゼントをされた職員は大感激!
中には目をうるうるさせる職員もいたほど。
その他の焼きあがったカップケーキはK様や他のご利用者の皆様で
美味しく頂きました!

K様本当にありがとうございました!!!!
職員はとってもとっても嬉しかったですよ???!!!

多目的室の掃除【5S活動】

9月の5S活動で多目的室の掃除をさせて頂きました。

多目的室は普段の食事や研修、
毎月、床屋さんに来て頂いての理美容などにも
使用します。

まずは掃除機でごみを吸い取って、消毒をしながら
モップで掃除、最後に乾いたモップで仕上げをして
床をピカピカにさせて頂きました!

明日は綺麗になった多目的室で健康診断を行います!

日本平ハイキングコース

先日ご利用者7名と日本平をハイキングしました。
行程は静鉄電車の県立美術館前駅から夢のテラスまでです。
前回に引き続き三行程にわけ無理なく取り組みました。

普段より散歩に取り組んでいるメンバーなだけあり、前回の千葉山よりも余裕たっぷり、、まだまだみなさんお若いです!!

ゴールの夢のテラスには全員でゴールすることができました。

男性介護Bグループ9月度外出活動

9月度の外出活動を行っております。今回も密を避ける為、2グループに分けております。

今回は何を食べたいか事前に聞いた所、(牛丼が食べたい)とのご希望があった為、「すき家さん」にて購入し、興津公園にてゴザやシートを敷き、ピクニック感覚で食べて頂いております。それほど暑くもなく、心地よい風も吹き、リラックスして食べて頂けたものと思われます。

その後市内をドライブしております。日本平から景色を眺めて頂き、静岡方面まで行っております。車中においては、笑い声や喜びの声がきかれるなど、良い気分転換に繋がったものと思われます。

二階 火曜日課

本日は火曜日課でした!
二階の女性フロアでは本日はネイルとパックを行いました♪
リラックスできる音楽をかけてパックをしてのんびり横になって
ちょっとしたエステ気分・・・・?

ネイルも華やかな指先になって皆様大喜びでした!

令和2年9月男性Cグループ余暇活動

残暑厳しい9月の余暇でした。
新しくできた、あずまやで昼食(マクドナルド)とカキ氷をみんなでいただきました。
久しぶりのマクドナルドは美味しかったのか皆さんペロリと召し上がっておられました。
日陰で食事をしていましたが、それでも暑かったのでカキ氷も皆さんペロリと召し上がられ、おかわりもされていました。